FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NJZ1900AE W-CDMA ガラケーテスター ジャンク解析 【2】

7月中旬にエアコンのDIY取り付けをタラタラと行い、8月にクロスの張替えを始め(まだキッチンだけ)、この秋からは70年代オーディオ(コンポ)のレストアを始めました。
その前に、前回からの続きでNJZ1900フロンエンドの信号経路メモ。

●TX side = 受信機能の測定時

njz-1900-rfblock-devices.jpg



●RX side = 送信機能の測定時

njz-1900-rfblock-devices-rx.jpg


6月初旬までは暇な時間に弄っていましたが、以来進展ナシ。




■2018年・伊東の夏■

7月からの猛暑は伊東も例外ではなく、地元の人たちも今年は暑い暑い…。

2018_summer_ito-city-001.jpg



無人スタンドの野菜。

2018_summer_ito-city-002.jpg



マンションの廊下を歩いていたヤツ。

2018_summer_ito-city-003.jpg





スポンサーサイト

NJZ1900AE W-CDMA ガラケーテスター ジャンク解析 【1】

JRC製、携帯電話機テスター NJZ1900のフロントエンドらしきユニット。オークションにて入手。
ポチった理由はケースのレイアウトがアンプとかトラジェネとかLOGデテクタなんかを作るのに丁度良さそうに見えたから。
現物を手にするまで既存の基板にはさほど興味無し。

以下、一人きりな伊東の週末、つい夢中になってしまった回路追っかけのメモ、前編。
(正確な検証はしていませんのであくまでもご参考まで)

njz-1900-rfblock-top-view.jpg



携帯テスターの中でもジャン測マニア的には一番つまらなそうなヤツがNJZ1900。
画面なし、ツマミなし、筐体に派手なロゴ、、、。

(2016年に落書き程度のメモを残しましたが、弄って遊ぶなら同じJRC製でもNJZ2000)

199ae.jpg




天下のJRC製ユニット。決して少なくは無い数のビスを外してカバーを外す。
パッと見た感じ、帯域を絞ったり特定の周波数に同調するような部品は見当たらず。

入出力の経路は後でまとめるとして、まずは搭載されているデバイスを確認。
なんとなく予想はしていたものの思わず感動しそうなくらい、アナデバ製が中心。

njz1900ae-001.jpg



入出力端子(この機械は入出力共通)に結ばれたATT後に送信測定経路と受信測定経路。

NJZ-1900B W-CDMA UE Tester



TX-INと記された本体内部接続用のコネクタからアナデバのガリヒ素デジタルアッテネーターへ。
max31dB/1dBstep/4GHz

NJZ-1900ae W-CDMA UE Tester



左端に抵抗3個使いのスプリッタ(デルタスプリッタ)。 一方はRFスイッチでATT/スルー。
デバイスはおそらくHMC221B (GaAs, MMIC, SPDT Switch, 10 kHz to 3 GHz)

njz-1900-002.jpg



もしかしたらと期待しつつ、マーキングのJ1Aを検索。
AD8313 じゃん。基板上の部品を見てもほぼ間違いなし。
0.1~2.5GHz 70dB Logarithmic Detector/Controller

AD8313はメーカーの仕様書でダイナミックレンジ70dBを謳っています。
実装によって性能が削られるとしても天下のJRC製品ですがら、このまま使っても他国製のAD8313モジュールより性能的に期待できます。

ad8313-J1A.jpg



スプリッタのもう一方はミニサーキットのRFスイッチへ。
コレもATTを通すかスルーするかに使用。その後は一段増幅して本体内部接続用のコネクタへ。

sw-338.jpg



このユニットは基本的に経路上に置かれたRFスイッチでアッテネーターのON/OFF(スルー)を行っているだけ。それに加えて受信測定経路にログデテクタが置かれているのがなんとも有り難い。
携帯周波数帯に同調させている回路は無し。

njz-1900ae-000.jpg



RF部に必要な電源と制御線はハーメチックコンタクトで裏側に。それに繋がっているのがこちらの基板。電源とコントロール回路でしょう。

3線シリアルのD/Aコンバーターが1個。他、ロジック回路は74HCのみでMPU制御は無し。
回路を興せば未改造でも遊べそう(その気力があればの話)。

njz-1900-rfblock-bottom-view.jpg







LANTIAN mini 2.4G band spectrum analyzer 2.4GHz帯 スペアナ・モジュール

秋葉に行けない2018年GWの買い物記録

オクにて中国製の2.4GHzバンドスコープ(2.4GHz帯 簡易スペアナ)モジュールを落札。¥2.2K

主に中国製の新品パーツ&モジュールをご出品されている方から落札しました。個人出品のようですがかなりのスキルと商品の選別眼をお持ちの方で、工作好きが思わず欲しくなる品揃え感は流石としか言いようがありません。他の出品者や今のaitendoより一枚上手だと思います。誇張や知ったかぶりのない解説に加え良心的価格という事もあり、過去より現在まで数回ポチらせて頂いております。

2_4Ghz-band-scanner-001.jpg



送料は¥120-。メーカーのロゴシールが張られたプラケース付。
スペアナの設置には今も腐心しておりますがこのザイズならどこでも大丈夫。

2_4Ghz-band-scanner-002.jpg



nRF24L01(電源は3.6V迄だった記憶)を使用との事ですがモジュール内にレギュレターも見えます。
添付頂いた説明書にも電源は5V~とあるので5Vを接続。

2_4Ghz-band-scanner-003.jpg



子供の頃に読んだCQ誌に 3KP1(3inch CRT)だか 2KP1(2inch CRT)を使った 2m(144MHz帯)のバンドスコープ製作記事があったのをふと思い出し、時の流れにゾッとする。

このモジュールはスパン約100MHz、今のところ固定。
2.4Gのアマチュアバンドもカバー。

2_4Ghz-band-scanner-004.jpg



Arduino + nRF24L01 + OLED なのでしょうが、LANTIANがメーカー名?
ランチ案?。 それとも蘭ちゃん? 伊藤?。←意味通るのオヤジだけ。

2_4Ghz-band-scanner-005.jpg



CPUはATMEGA8A、ボルテージレギュレターも載っていました。

2_4Ghz-band-scanner-nRF24L01.jpg



下に掲げたリンク先がオリジナルのようですが、Arduinoを弄らない人や、新規にArduino、nRF24L01、OLED-module に加え3.3Vのレギュレター(nRF24L01には必須)などを揃えるならコレ買う方が絶対的に安価だし間違いないし、スグ使えます(wifi 2.4G帯のチェックとか)。当然ですが単体のArduinoで組むとこの大きさには収まりません。

LINK→https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?2777178-Very-cheap-Arduino-based-2-4-GHz-band-monitor


中国の方の自作記事(動作風景GIF付)

LINK→https://www.jianshu.com/p/6f2152443c36


上記オリジナルサイトでスケッチ類のZIPも落とせます。
スイッチ付けてスパンを絞るくらいはできそうだけど、ハマリすぎて伊東で浦島にはなりたくないです。

20180501_001.jpg



買った後は放置プレイだったダイソーのモバイルバッテリーに活躍の場が。
今は仮組みですがモジュールを筐体に収める場合、モバイルバッテリーからコントローラーだけを取り出し、バッテリーはもっと小さいリポにすればスマートな物ができそう。

LANTIAN mini -01



ブロッコリーをチンしている近傍。チン波?。
今時 「チン」 と音のする電子レンジなんてナイヨと言われそうですが、私が現在使用中のツインバード製は本当に 「チン」 です。

LANTIAN mini -02


下は調理中のチンから1.5m程度離れた場所にて。レベルは完全に天井を突いてしまっていますが、5~6m離れたリビングのテーブル上でやっと飽和が途絶えた状態になりました。これがwifiモジュール(nRF24L01)の感度という事なのでしょうが、結構やるじゃん、みたいな感想。
(wifi通信用の電波ではなく、チンからの漏洩をこの感度で拾えています)

LANTIAN mini -03






2018年 ゴールデンウイーク

ブログ冬眠から目覚めた2018年ゴールデンウイークのメモ。

まだ伊東暮らしを続けております。
ふと何かの用で海岸近くに行くと思い出すのが山下達郎の GET BACK IN LOVE 。
Wikiによるとこの曲のリリースは30年前の1988年4月25日。
ということは久保京子さんのドラマ(海岸物語 昔みたいに…)も30年前。
え~。

2018年4月25日、風呂場でジャンクを洗浄中に見かけた船。
この大きさでこの近さは珍しい…。

2018_04_001.jpg



4月29日(日)16時過ぎ、コンビニとスーパーへ。
連休なので国道を走る車は多目なれど例によって歩道に人なし。
迷惑なスマホチャリとか自己中電動チャリなどは皆無と言って良いでしょう。

この地の快適さを覚え始めましたが、この風景もすぐに思い出になりそうな気がします。

2018_04_29_001.jpg



介護が始まった頃のゴミ屋敷と化していたイメージがいつまでも家族の心に残り、主を見送った後は誰も相続に手を上げなかった伊東のマンション。

いい歳しての大冒険となりましたが、清掃・整理を目的に期間限定の一人暮らしをして判った事は、このマンションが決して悪い物件では無いということ。管理人さんも 「ココを買った人は簡単に手放さないヨ」と。好環境に加え基礎や躯体の堅牢さも感じます。室内も各部屋を汚部屋化させず適当に使って空気をかき回し、多湿となるのを避ければかなり快適。

買い物上手な父が選んだ物件だということを再認識すると共に、売り急がないで良かった。


一番小さい部屋をジャンク置き場としたものの、棚に載せただけでは弄れないのでちょっと展開。

今はこんな事している場合なのか?。海外サイトの機械部屋自慢【→リンク】を見てしまった影響もありますが、まあ、深く考えずに実行。クローゼットの扉とレールを破壊して除去。そこに激安の平テーブルを二つ重ねラック化してみましたが、漂う中途半端感。この案は却下。

別の方法で行くとして、その材料の到着待ち。

2018_04_29_002.jpg



反対側

物置の中で物置用の棚を作る愚かさ。
道具なくす体ぶつける物が落ちてくる、、、。

2018_04_30_002.jpg






KSJ-112 KODEN 除湿機 修理不要だったジャンク

2017年夏、除湿機ジャンクのメモ、第三弾。

KODEN KSJ-112 シンプルだけどいい機械。現在は玄関で活躍中。

例によってオク。ジャンクという事で誰とも競わずに落札。送料込みで1K円以下。
返品モノなのか?使用感まったく無し、新品同様の美品でした。

KSJ-112-001.jpg



下の写真、左から満水ランプ、動作ランプ、湿度スイッチ(後述)を使った電源スイッチ

この機種、今時こんな操作としてしまったのが災いしたのかもしれません。

ツマミなんかがあるもんだから、コレを回せば風量が変化するとかそんな思い込みに走りがち。
去年の暮に買った「訳有り品」のファンヒーターもサーモスタットのツマミつき。
ファンの風量を変える為ではなくヒーターの動作点を調節するものですが、箱に張られた返品票には【ツマミを回しても風量変化せず】。

コレも 「風量変らないよ、動作不良でしょ、返品…」。そんな感じだったのかも。

KSJ-112-002.jpg



アマゾンでも取扱があったようです。
形は同じで型番違いも。タンクの色こそ違うけど基本スペックは同じのよう。
(KSJ-230 KSJ-231)

KSJ-112-003.jpg




■以下は内部点検時のメモ■(特に修理は行っていません)

この機械も簡素ですがMPUによる制御は行っているようです。
低温で霜が付いた際(シモツキという言葉はエロ語)の霜取り動作、電源を連続でON/OFFした際のインターバル確保(コンプレッサー保護)など。電子的な湿度センサーは持っておらず、湿度検知は昔ながらの機械式。

KSJ-112-004.jpg



セラロック(青い発振子)の位置からMPUは中華家電に良く見るEM78系のような感じ(全くの素人予想)。

KSJ-112-008.jpg



マーキングが無いのであくまでも予想ですが、この辺?

em78p153.jpg



エバポレーター/コンデンサーは共に新品のような綺麗さ。

KSJ-112-005.jpg



排水部分もカビ、埃の堆積なし。

KSJ-112-006.jpg



中華製の機械ですが作りは悪くないように見えます(素人の感想)。

この辺の構成を一旦バラした後に組み変え、真空引きしてからガスを再チャージできるようになりたい(トイレや廊下用マイクロエアコンの自作)。

KSJ-112-007.jpg



反対側。各パーツの配置に無理がありません。

KSJ-112-011.jpg



ファンはシロッコではなくプロペラファン。

KSJ-112-010.jpg



モーターはコンシーラーモーター(とは言わない)、くまとりモーター。
(くまとりコンシーラーについては女子が詳しい)

KSJ-112-010b.jpg



コンプレッサーはおそらく普通のロータリーだと思います。
壊れたからといって雨宮さんに相談してもダメ(13B載せ替え禁止)。

KSJ-112-009.jpg



外部排水として普通のビニールホースを挿せるようになっています。
何気に有能な気配り。

KSJ-112-012.jpg



機械式の湿度スイッチ。

KSJ-112-013.jpg



電気的には2本の線(電源)をON/OFFするだけ。ツマミを回しても抵抗値の変化はありません(モーターの回転数を可変する物では無い)。

KSJ-112-014.jpg



湿度によって伸縮するフィルム(赤矢印)のテンションでスイッチを開閉しています。
ボリュームのようなシャフトでもフィルムのテンションを可変し、その結果、湿度によるスイッチON/OFFのスレッショルド(閾値)を可変しています。
昔からあった機構だと記憶していますが(当然ながら昔は国産)、コレは台湾メーカーの製品でした。

KSJ-112-015b.jpg


ということで、この機械はツマミを回してスイッチを入れますが、その日の湿度によってONとなる位置が変化するはずです。さらにある程度深く回しておかないとすぐにOFFとなったりもして。

現在は玄関に置きツマミは回しきって常時ON、満水か人間タイマーでOFFとするような使い方をしています。



内部のパーツ配置に無理が無いので分解清掃もさほど難しくないと思います。
ビスは2種類。2本だけ他より短い物が使われていました。分解時の確認は怠らぬように。

KSJ-112-016s.jpg


KODEN  KSJ-112 除湿機弄り おわり






テクトロの400番台が暴落中?、つい手が出ちゃいました。
BABYMETALファンの友人(日本語できる外人)にも言われましたが、米国やおそらく今の中国でもまだ値の付く物が日本のオークションではもう捨て値。

tek-468.jpg


若い人にはBスイープなんてナニソレかも知れませんね。
下の写真はch1でCal見ています。一部が明るいけど輝度ムラじゃないです。



伊東に持ち込んだジャン測を湿気で壊さない為にも、もう少し空調ジャンク、弄ります。

次回は風量減少、冷風&除湿機能も低下したシャープのプラズマクラスター付コンビニクーラー編。




プロフィール

Dellbee

Author:Dellbee
デルビィです(少年時代にハマったアマチュア無線局のコールサインを捩りました)。
子供の頃から電子電気・機械物弄りが好きで、今も自分の時間が取れた時は何か弄っています。

最新記事
ブログ目次

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。